求人広告会社営業のホップ・ステップ・ジャンプ

企業が、求人広告を出そうと考えたときには、どのような行動をとるだろうか。おそらく多くの企業の経営者は、求人広告会社に連絡することであろう。求人広告会社の営業担当は連絡をもらったら、喜び勇んで発注企業へやってくるであろう 。

求人広告会社の営業の頭の中は、この時、どうなっているのであろうか。求人広告会社の営業担当の頭の中を、ちょっと覗いてみると、ホップ・ステップ・ジャンプ、というような3段階の思考が働いているようである。求人広告営業活動を始めて以来、少なくとも、このステップを踏んで企画の提案をしてきたようだ。

仕事として求人広告会社の営業担当の、一般的な思考の手順について説明することにする。求人広告会社の営業担当は、このホップ・ステップ・ジャンプ、という広告についての話をしながら、頭の中では中途採用の必勝法として、どの媒体を選ぶのか。

ネットなのか人材紹介なのか、紙面(新聞社、求人雑誌)なのか(ホップ)、この業種でこの人材募集なら、この媒体がベストだ、と考えたうえで、最適な媒体を企業に勧めることがいいのである。

広告を出す時期はいつがいいのか(ステップ)。求人広告を出すにもタイミングを要する。いい人材を確保するためにも、いつ出すのがベストなのか。ぎりぎりでの依頼よりも、余裕をもって計画的に取り組むほうがいいのではないだろうか。

求人広告をどう出すのがいいのか、内容をどうすべきか(ジャンプ)。ここは特に欲しい人材情報や、会社の業務内容を提示する段階である。広告の個性やデザイン性、センスが発揮できる部分である、というように考えられる。

また、広告をどの大きさで出すのか、大きく目立たせるのか、小さくてもインパクトあるもので目を引くのか、といった判断が重要である。など、求人広告会社の営業担当の頭の中の思考パターンはこんなふうなのだ。

「集まらない」を解消!

厚生労働省が調べたところによると、ある年度のパートタイム募集の有効な求人倍率は約2倍であった。ここであげた数値は調査がはじまってから、断続的ではあるものの上向きに伸び続けているようだ。バブル期の水準も超えており、この後の未来も上向きの進行は続くのではないかと思われている。

お店や会社としては以前にも増して、働きたいと思ってもらうために、一層の努力が必要である。それでは、どうすれば他のお店や会社に埋もれないで優れた人材を採用することができるのであろうか。募集してもなかなか応募がこない要因は、有効求人倍率が上向きになったこともあるだろう。

求人サイト制作や求人広告制作を行う上でも忘れてはいけないのは、現在は、アルバイトやパートの採用のが難しい時代といわれていることだろう。厚生労働省が公表したある年度における、求人・求職・求人倍率の推移を示したデータをみると、調査を開始した年度以降、有効な求人数は増加しているが、一方で有効求職者数は次第に減少している。

よって求職している人の1人あたりの求人数というのも増え、つまり、有効求人倍率も年々増加していることになる。ひとりの求職者に対して、何社もの企業が来て欲しい、とアプローチするのであるから、採用する側としては、以前にも増してアルバイトやパートの採用活動に努力しなければならない。どんな努力が必要かというと、他社との差別化である。

どのような差別化を図るのがいいのかというと、それは原稿の内容を精査し、他社に差をつけることである。自社だけの特化した魅力を、広告で十分にアピールするということが大事なのである。自社の実情を徹底的に分析し、企業にとっての差別化ポイントを見つけるということが必要である。ほかの数ある求人のなかで、自社が選ばれる理由になる。企業に特化した魅力は企業として売上を上げていくためにも大切なことである。これを契機に、いちど検討してみるのはいかがであろうか。