「募集しても集まらない」を解消!

厚生労働省が調べによると、ある年度のパートタイム有効求人倍率は約2倍であった。この数値は調査開始以来、断続的に上昇を続けている。バブル期の水準も超えており、今後もこの傾向はますます続くだろうと見られている。企業やお店は以前にも増して、求職者に選んでもらうために、一層の努力が必要である。では、どのようにすれば他の企業やお店と差別化し、優れた人材を採用することができるのであろうか。募集しても集まらない原因は有効求人倍率の上昇に伴う採用難にもある。
他社と差別化する求人広告の作り方についての話をすると、現在は、アルバイトやパートの採用のが難しい時代といわれている。厚生労働省が公表したある年度における、求人・求職・求人倍率の推移を示したデータをみると、調査を開始した年度以降、有効求人数は増加しているが、一方で有効求職者数は次第に減少している。そのため、仕事を探している求職者一人当たりの求人数も増加、つまり、有効求人倍率も年々増加していることになる。ひとりの求職者に対して、何社もの企業が来て欲しい、とアプローチするのであるから、採用する側としては、以前にも増してアルバイトやパートの採用活動に努力しなければならない。どんな努力が必要かというと、他社との差別化である。
どのような差別化を図るのがいいのかというと、それは原稿の内容を精査し、他社に差をつけることである。自社だけの特化した魅力を、広告で十分にアピールするということが大事なのである。自社の実情を徹底的に分析し、企業にとっての差別化ポイントを見つけるということが必要である。ほかの数ある求人のなかで、自社が選ばれる理由になる。企業に特化した魅力は企業として売上を上げていくためにも大切なことである。これを契機に、いちど検討してみるのはいかがであろうか。

求人のおすすめサイト:http://roomsofknowledge.com/