企業サイトとは別に採用サイトを作ることが最も効果的な求人募集方法である。採用情報のみが掲載された、採用に特化したサイトのことを採用サイトという。初期費用だけコストが掛かるが、その後は無料で365日24時間、休まずに求人活動を行なってくれる。他の宣伝手法と組み合わせれば、応募数は劇的に増え、会社の理念や仕事内容、待遇面などがサイト内に掲載されるので、読んで納得した上で応募できるから、質の高い応募者が多く、採用率も高まる。
求人に力を入れたい、と考えている会社にとっては、とてもいい媒体です。ただし、注意しなくてはならないのは、採用サイトで効果を得るには、ただつくるだけではダメだというところである。採用サイト上で必ず抑えなければならないのは、宣伝を行う、ということと採用サイトの質を高める、ということである。このふたつを守らなければ、思った成果は得られなくなるので注意が肝心だ。
採用サイトは求職者に見てもらえなければ、応募は得られないから、どの採用サイトを選ぶべきかを考慮する必要がある。求職者はネット上の広告をクリックしたり、スマホでネット検索したりして、採用サイトに訪れてくる。採用サイトは様々な媒体経由で最終的に訪れる受け皿的な存在である。最終的には採用サイトにアクセスして、入念に検討してもらう流れになっている。注意しなければならないのが、採用サイトの質の高さである。質の高い採用サイトでないと応募は得られない。応募が得られるかどうかは、採用サイトに訪れた求職者が「ココで働きたい」と思えるかどうかで決まる。働きたいと思ってもらえるような内容になっていなければ、いくら採用サイトにたくさんの求職者が訪れたとしても、一向に応募に繋がらないということになりかねない。