ネットなら、時間も場所も見る側が気にせずに、いつでもアクセスすることができる。というのは、その通りではあるが、ネットにも求人広告を出していい時と悪い時がある。ネットにおける求人広告へのアクセス数を左右するものは、人間の行動パターンである。たわいのない人間の行動パターンによって、ネットの求人広告へのアクセス数が大きく左右されるのである。
提供する情報が求職者にとって、良いことばかり聞こえても、採用後のミスマッチにつながることがある。ミスマッチにならないよう現実性を維持し、応募数アップにつながるポイントを、訴求することが必要となる。
たとえばインテリアデザイナーが欲しいなら、インテリアデザインに関係した専門誌に求人広告を出すのである。この記事が目に触れることで、応募者が会社の名前を覚えるのみならず、業績が伸びている会社なのではないか。というイメージを持つことだろう。そのタイミングでネット広告を出すのである。専門誌を読んでいるような人は、勉強熱心で優良な人材ではないだろうか。こうした手法を取り入れることで、ネットだけでは決して出会えない優秀な人材の発見につながる。
連休の前に広告を出すのは避けるべきである。というのは、連休ともなると、友達と連れだって旅行に出かけたり、一人暮らしなら実家に帰ったりというように、様々な予定が入ることが多いものである。だから、いくら気軽に見られるサイトであってもアクセス数が減ることが予想される。そうして、連休明けには新しい情報が更新されてしまう。すると、連休前に更新されたデータは古くなってしまうのである。求人広告の広告費も決して安い値段ではない。せっかく高額を支払うのならば、最良の効果を生む時期にこそ行うべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です