求人手続きの手順は、事業所登録、求人申込書の記載、求人情報の公開、ハローワークからの人材紹介、企業サイドでの選考、採否結果の連絡、となる。
ハローワークへの求人は、事業所の所在地を管轄しているハローワークに申し込むことになっている。はじめてハローワークを利用する会社は、「事業所登録シート」に記入し、登記簿謄本の写しなどを添付して窓口に提出する。事業所登録シートの現物はハローワークにあるが、その記入方法はウェブでも公開している。
「事業所登録シート」の「事業内容」「会社の特長」欄は、求職者が見る求人票に記載される。だから、できるだけ具体的に、そして魅力的に記入すべきである。会社の方針や業績、将来性、社風、福利厚生など、この会社に入りたい、と思わせるようにまとめることがポイントである。
「事業内容」欄には、事業内容以外にも商品、ブランド、業績なども記入でき、魅力的な内容にすることができる。例えば、こんなものがある。「低価格の理容店チェーンを関東地区の駅ビルに出店しています(現在30店舗)。業容拡大につき新店スタッフを大募集」
「会社の特長」欄は、「社会保険完備」「働きやすい会社」など、当たり前のことや、他社と差別化できない事項を記載するのではなく、自社独自の特長や制度を記入すると効果が高くなる。
事業所登録シートの「事業内容」「会社の特長」欄は、それぞれ90文字程度しか記入できないので、会社のPR手段としてはやや弱いが、それでも求職者に自社の魅力を伝えることができるよう、工夫が必要である。例えばこんなものがある。「今年は5店舗新規出店しました。毎年成長している会社です。」など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です