よくある失敗の一つとして、社長不在の採用、採用活動に経営者が積極的に関わらないということがいえる。社長不在とは、経営者が採用に関与していないということである。

現場仕事という観点でいえば、採用された人が、すぐに社長と仕事を一緒にするということは少ない。むしろ、現場社員や、その上司との仕事が多いだろう。だから、社長が関与しないという考え方もある。ただ、人事担当者任せで採用を成功させることができるのは、一部の上場・有名企業だけ。そういう企業なら社長が関与しなくても、有能な人材を獲得することができることが多い。

一方で、知名度に乏しい企業の場合などはどうだろう。もともと知られていないため、有能な人材から名指しで選ばれるということは少ないであろう。検索エンジンで検索されることも少なく、開催した説明会に参加したとしても、偶然や、たまたまだったりする場合が多い。だから、採用活動において最強の存在である社長が自ら、積極的に出ていかなければならない。 採用担当者まかせで関与せず、有能な社員がなかなか集まらないと思っている経営者には、すぐにでも経営における採用業務のプライオリティを上げ、採用活動に積極的に関わしていただく必要があると思う。

採用とは単なる人だけではなく、闘志があるかを含めて探すこと。何のために採用活動を行っているのか。採用活動とは、ただ働いてくれる人を獲得するためのものではないはず。採用とは共に仕事をしてくれる人を見つけるための活動ではないかということを考える必要があるのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です