公募求人とは異なる求人形式に、斡旋があります。誰もが目にするメディアに出る求人広告とは異なり、ハローワーク、人材銀行でしか閲覧できない求人を指します。ハローワークは公共の窓口としてよく知られています。以前は公共職業安定所と呼ばれた所で、失業者に職業を紹介してくれます。ハローワークの目的は失業率を減らすことにあるため、必ずしも求職者の自己実現を順調に叶えてくれるとは限りません。現に、求人を出す企業の意図と求職者の想定とが齟齬をきたすこともよくあります。ハローワークを利用するメリットは、無料であることでしょう。デメリットとしては、1社の求人に対して1人の求職者を紹介するのが基本的なパターンとなっている点です。企業としても採用に慎重にならざるをえません。また求職者の年齢層が中高年に集中しているという特徴から、若者が利用し辛いというのも難点でしょう。

もう一つの斡旋所である人材銀行はハローワークとは異なり、公的機関ではありません。ですから有料で利用することになります。しかも利用料金は高い傾向にあり、斡旋が成功すると、年収の3割を請求されることもあります。ただ経歴、職歴の立派な中高年にとってはこうしたマッチングサービスでより良い条件を探すことが出来るため、積極的に利用する人も多く、優秀な人材の宝庫とも言えます。

公募とも斡旋とも異なる採用形式としては、「縁故」「スカウト」があります。縁故とは、社員や親族の紹介が契機となり、内々に採用することです。信頼できる人の紹介ということもあって、身辺調査のコストを削減することができます。但し採用された人材は一般採用の社員から嫉まれることも多く、採用の正当性を説明できるかが鍵となります。スカウトとは、ヘッドハンティングを指します。典型例は、同業他社の優秀な社員を引き抜く事例です。優秀な人材を確保できる反面、引き抜き元の会社からクレームが入ることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です