転職する際の採用面接では、「自己紹介」「志望動機」「退職理由」に関しての質問は、必ず聞かれる覚悟で皆さん準備をされると思いますが、面接の締めとして大抵の面接官か質問する内容は、「特に、疑問点や質問点はありますか?」という投げかけです。

 

  • 面接を受ける求職者が、多数ドアの外で待っていて、面接官が、時計や時間を気にする素振りを感じたら、手身近な質問をするようにしましょう。ですので、質問事項は、幾つか事前に用意しておく必要があります。せっかくの好印象な面接が、求職者からの最後の質問が、長引いただけで、不採用とされる事もめずらしくはありません。

 

  • 面接官が、答えやすい質問にしましょう。企業の業務内容を詳しく調査してきたというアピールの為だけに、踏み込んだ質問する事は避けましょう。あくまでも、会話のキャッチボールができるのかどうかを、垣間見る為の質問と捉えている面接官もいますので、面接室の空気を和ませるような、柔和な質問が好印象となる事もあります。

 

  • ホームページに書かれているにも関わらず、面接時にわざわざ質問をする求職者は、マイナスポイントとして扱われます。こういった、1つのやり取りの中でも、入社後の業務の中で無駄な質問をしない職員としての評価につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です