20代が転職に臨む際、利用する媒体は求人サイト以外に考えられないはずです。求人サイトは大変便利ですし、有名企業の求人広告のほとんどが、求人サイトを介してアクセスすることを前提としています。ですから中高年も今では求人サイトを利用する方が主流でしょう。しかしハローワークが無意味になったわけではありません。求人サイトにもデメリットがあり、ハローワークがそれを補っています。両者のメリット、デメリットを正しく把握した上で、最適な手段を選択できることが転職成功の鍵となるでしょう。

ハローワークを利用することのメリットは、地元企業の求人を多数閲覧できる点です。求人量は大手のサイトよりも多く保有していると言われています。何故それだけの求人が舞い込むのかは簡単な話です。クライアントである企業が求人サイトの運営に支払う利用料は高額にのぼります。それに対してハローワークに求人票を出すのは無料です。中小企業にとってこの違いは大きく、どの会社もハローワークで済ませようとして殺到するわけです。ハローワークには他にもメリットがあり、職業訓練を提供しているのもその一つです。ハローワークの設立目的は職業安定法の理念に基づいているため、同法に則ったトレーニングが実施されているのです。その他自己分析法についてもアドバイスしてくれるスタッフが常駐しているので、頼りにすることが出来ます。

ではハローワークのデメリットとは何でしょうか。ハローワークで閲覧される求人票は、実際の就業実態が正しく反映されていないことが多く、一々照合しなければならないのが難点と言えます。原因のほとんどはハローワークのシステムの不備によるものですが、中には企業側の悪意が関係していることもあります。他方、求人サイトであれば、サイトの運営が厳しく審査しているため、クライアントが広告内容に出鱈目を記載することは難しいとされます。デメリットの2つ目は、スタッフの質にばらつきがあることです。求人サイトのコンサルタントは皆訓練されたプロの相談員ですが、ハローワークのスタッフはアルバイトの人も多く、皆が労働問題に詳しいわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です