「今、売り手市場だよ、転職マーケット」と声を掛けてくれたのは、知り合って5年、同期として5年目のD子さんです。年齢は2つほど上なのですが、学生時代に2年間の留学経験を経ているD子さんは、先輩同期としてなんとも頼れる存在です。私が職場の悩みを日頃から打ち明けている事もあり、何かにつけて転職情報を耳打ちしてくれています。中途採用は、とにかく即戦力が物を言うのだから、必要な資格取得などの事前準備をする事で、転職に使える武器になるのだから、業務外でのスキル磨きをしなさいというD子さんのアドバイスに励まされ、業務後にいくつかの講座に通い資格を取得しました。転職マーケットが、求人者に有利な売り手市場だからといっても、採用側も誰でも良いという訳ではないのだという事を、キツク言われています。私の職場の悩みは、本当に他愛のない事なので、常日頃からD子さんには大変申し訳なく思っているのですが、職場の人間関係が問題化した事がキッカケなのです。転職を考え始めたのも、かれこれ2年ほど前からにさかのぼります。職場の人間関係といっても人事的な問題ではなく、恋愛感情を含む三角関係が原因なのです。私情を挟む事なので、転職などは考えずに自分がガマンをしていれば済む事なのだと考えていましたが、D子さんは、自分にスキルをつけてもっと自分を必要としてくれる職場で、飛躍しなさいとアドバイスをくれました。実は、入社してすぐに、上司に恋愛感情を抱いた私は、男女の仲となってしまいました。ですが、当の本人は、総務部のG子さんとの長年のお付き合いがあり、私自身は単なる浮気相手だったのです。彼女がいる事を知らずにお付き合いしていたのですから、確認をしなかった私の落ち度だと上司には、責められましたが、私自身は、そんな上司と業務とはいえ、毎日のように顔を合わせなくてはなりません。総務部のG子さんにも、うしろめたい気持でいっぱいです。そんな私の業務におぼつかない様子に気づいてくれたのが、同期のD子さんでした。くれぐれも、採用担当者に、転職理由は、恋愛事情の縺れですなんて答えてはダメよ。D子さんは、いつも私に冗談を言って励ましてくれます。そんな素敵な、先輩同期と離れる事は寂しいですが、D子さんの2年越しの励ましのお陰で、私は、今年の春から、中途採用者として、念願の転職を果たす事ができました。D子さんという存在がいなかったら、私1人では、転職によって自分自身を変えようなどという考えは浮かびませんでした。私もD子さんのように、職場で悩みを抱えているような人をみつけたら、支えとなってお互いのスキルアップをめざすような人間関係を構築していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です