企業が望む人材像について話すのは簡単です。そうした人材を確保したり、教育したりする方法を具体的に説明できるからです。しかし会社が嫌う人材については、中々言及し辛いものがあります。あるタイプの人間を全否定するような気持になってしまうからです。ただ、求人の現場はシビアで、明確な選考基準が存在します。その基準に従えば、どうしても「落とさなければならないタイプ」が見えてくるのです。会社が避けたくなる人材とは、一言で言えば「空気を読めない人」です。空気を読めない人は、いわゆる「浮いた」状態に陥ります。同僚とのコミュニケーションが減衰し、彼の周囲の空気はどんよりしてしまいます。もちろん専門職等では少なからず見かけるのでしょうが、筆者のクライアントの中には存在しませんでした。それくらい採用可能性の低い人材だということです。実はこの「空気を読めない人材」という分類は、採用活動において有用です。初めから「気の利く人材」を探し当てられれば良いのですが、分布を考えると平均レベルの人が多く、中々出会うことが出来ません。そこで「空気を読めない人」から落とすという、消去法に頼ることで、効率的に選考することが出来るのです。残った人材は特別気が利くタイプでないのかもしれませんが、外れくじを引いてしまうよりはましだという考え方です。因みに空気を読めない人を落とすという行為は、落とされた人のためにもなります。採用方針にそぐわない人を誤って採用してしまうと、当該社員が入社後に苦しむことになるからです。綺麗事だと思われるかもしれませんが、相性の悪い職場で働くのは想像以上にストレスフルなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です