求人広告に何を掲載すればよいのかは、中々難しい問題です。しかしどのような会社であろうと、教育研修に関する内容は掲載しなければなりません。教授役は誰が担い、どれくらいの期間実施されるのかは、求職者にとって大きな関心事項になり得ます。求人広告で約束してしまうのを恐れている経営者もいらっしゃるでしょうが、コストについては心配すべきではありません。例えば新入社員1人当たり10万円掛かったとしても、近い将来すぐに取り戻せる金額です。つまり新人研修とは、ローリスク・ハイリターンの投資だと考えるべきなのです。教育を施せば、必ず社員の業務成績は向上します。月の利潤を1人当たり1万円でも押し上げることが出来れば、社員数が100人の会社はそれだけで100万円を生み出すことが出来るのです。  教育投資に慣れていなかった会社であれば、最初は躊躇うかもしれませんが、1年も経てば効果のほどを実感できます。より高い効果を望む場合は、是非外部の研修制度を利用して下さい。自社内のOJTと上手く組み合わせることで、相乗効果が生まれるからです。広告に心血を注ぐことは戦略として間違っているとも言い切れませんが、広告のみで会社が発展することはあり得ません。広告費で予算が一杯の会社は、今すぐにでも幾分かを教育投資に充てるように検討した方が良いでしょう。  熱心に社員教育することで得られるものは、スキルアップの対価だけではありません。社員には感情があります。育ててもらったという恩がある限り、それに報いたいと思うのが人情というものです。教育を多分に施してもらった社員は、簡単に退職しようなどと考えません。少々辛い出来事があっても、歯を食いしばって会社の発展のために貢献してくれます。もちろん限度はありますから、「管理職が問題をその都度解決しながら」という条件付きではありますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です