薬とは人体に大きな影響を与える存在であり、使用法・容量によっては時に毒にもなり得る存在だともいえるのではないでしょうか。だからこそ、調剤にミスがあれば命の危険を招いてしまう可能性さえあります。そのため、薬剤師には正確に仕事をこなすことが求められます。では具体的にどのような力が必要なのでしょう。まず一つ、「ていねいで集中力がある」という事が大切だといえるかもしれません。薬剤師が薬をいい加減にあるかってしまうという事があってはなりませんからね。常に細心の注意を払い尚且つていねいに正確に仕事をこなす集中力は必要不可欠と言っても過言ではないでしょう。続いて「いつまでも学び続けようという熱意・情熱」これも大切ではないでしょうか。医療の世界というのは、日々新しい薬・治療方法が研究され開発されています。資格を取得するまでの課程ではもちろんの事、薬剤師になった後も学び続ける熱心さも持ち合わせている必要があるといえるでしょう。そしてもう一つ「コミュニケーション能力」、これも書くことのできない能力だといえるでしょう。病院や薬局での仕事は、薬について分かりやすく説明したり・会話を通して患者さんの症状・日頃の生活といった情報を引き出したりする必要があります。そのため、人と接したり話したりすることが好きな人に向いているといえるでしょう。日々患者さんたちの命に向き合う忙しい現場で、医師や看護師との連携も図っていくという面から見てもコミュニケーション力は重要だと言えます。

求人お助け.comのトップへ戻る