看護師の中でも、特に高度な知識や技術をもった2つの看護師の分類。
一つは「ナース・プラクティショナー(略称:NP)」、そしてもう一つが「特定看護師」です。
これらはとくに、医師の業務負担を看護師に移譲する場合、重要な役割を担う可能性があると考えています。
特定の行為のための研修を受講した看護師のことを「特定看護師」と呼び、未受講の看護師と区分します。
行政の研修制度の施行が開始されてから、指定機関での研修がスタートしています。
ちなみにこの研修は、看護師が特定行為を行う場合に必要とされる実務レベルの理解力、思考力、判断力、専門的な知識や技能向上のための研修とされ、「特定行為研修」と名付けられているそうです。
特定看護師は、医師が不在でも、手順書に沿って一定レベルの診療の補助(これを特定行為と定義しているようです)を行うことができる、とあります。
例えば、脱水症状がみられる場合などは、症状の程度を自身で判断し点滴を行う等の対処が可能なようです。
手順書には、様々な事項が記載内容として定められているそうです。