看護師向けの求人の中で、保健師の求人は人気があります。保健師とはどのような職業なのでしょうか? 人気の求人と聞くと気になりますよね? では、「保健師」のお仕事をみていきましょう。保健師さんたちの職場は、どこでしょうか? 保健師の資格はどのように取得するのか? どうして、求人の中でも人気を誇っているのか? 保健師のハテナを紐解いていきましょう。

保健師になるには、看護師の免許が必要です。一般的には、「看護師」の資格を取得してから、保健師」の資格を取得する流れでしたが、最近は、保健師試験の受験資格と看護師試験の受験資格を同時に取得可能な、大学や専門学校があるようです。受験者の学生のニーズに応えてそのような形式になってきたのだと考えられます。保健師は看護系のお仕事の中でも少し方向性の異なるお仕事です。主に医療の分野で、治療や看護に伴った知識や技術が求められる看護師のお仕事とは、若干異なり、病気になり、病院に行く前の予防医学や健康管理などの分野で活躍するお仕事になります。

保健師の活躍する職場
市役所関連施設、行政機関、保健所、教育機関(学校の保健室など)、企業など

保健師の中でも、一番人気と言われ、なかなか看護師向けの求人の検索でもみつける事ができないとされているのが、「産業保健師」です。あまりの人気に、公募ができないとも言われています。もともと、求人の数が少ない事も理由でありますが、なかなか空きの出ないポジションである事も理由のようです。興味のある人は、看護学校の講師やキャリアコンサルタントなどに相談をして、コネクションなどの紹介を受けるなど、自らの積極的なアクションが求められる職種のようです。